JALカード 申込み

JALカードのお得な特典

マイレージプログラムを利用してマイルを貯められるJALマイレージバンクに、クレジットカードとしての機能を付加したものが、JALカードです。

 

マイルを貯めることはもちろん、航空券の購入時に最大38%もの割引が受けられたり、搭乗当日に予約や変更ができるというメリットがあります。

 

また、国内・海外の旅行損害保険が付いており、旅行の際の備えとなります。さらに、国内の各空港のショップや、成田空港の免税店、機内販売、JALホテルなども割引価格で利用でき、一部のツアー利用についてはキャッシュバックもあるなど、多彩なサービスを受けることができます。

普通カード
CLUB-Aカード
CLUB-Aゴールド ダイナースカード
選べる提携ブランド
年会費 本会員 2,100円
(入会後1年間無料)
10,500円 16,800円
(ダイナースカード23,100円)
家族会員 1,050円
(入会後1年間無料)
3,675円 8,400円
(ダイナースカード9,450円)
成田空港免税店割引 5%割引 10%割引
海外旅行/国内旅行傷害保険 最高1,000万円 最高5,000万円 最高5,000万円〜1億円
JALカードショッピングマイル 200円=1マイル 100円=1マイル
カードショッピングマイル
(プレミアム年会費3,150円)
100円=1マイル
申込み

JALカードで賢くマイルを貯める

JALカードには他にも、家族全員分のマイルを合計して使える便利なシステムがあるのも特徴です。

 

JALマイルが貯まると、マイル数に応じて航空券や商品に交換することができます。お目当ての商品が見つかれば、ゲットできるまでポイントを貯めるのも楽しみになりますね。

 

近頃では、家賃や公共料金など、毎月必ず支払う金額をカード引き落としにし、マイルを貯める人も増えています。普通に暮らしているだけで、1年ほどで航空券をもらえることもあるかもしれません。

 

JALカードにはいくつかの種類があります。

 

スタンダードな機能の普通カード
ポイント還元率などワンランク上のサービスのついたCLUB-Aカード
学生であれば年会費無料の学生専用カードnavi

 

といったものです。

 

これらの中から、ご自分のニーズに合わせて、適したカードを選ぶとよいでしょう。

 

選べるJALカード…でもどれを選べばいいの?

JALカードの魅力は、ニーズに応じたサービスを受けられることで、より快適な空の旅を楽しめること。

 

さらに近年は、JALのクレジットカードのマイルの貯めやすさも注目の的になっています。

 

しかし、いざ選ぶとなると、4社の提携会社がある上に、普通カードとCLUB-Aカード、CLUB-Aゴールドカードの3グレードがあり、12種類の組み合わせがあることになります。いったいどの組み合わせを選ぶべきか、悩みどころですね。

 

そこでこのサイトでは、今後JALカードを利用してどんどんマイルを貯めたい方や、ANAのポイント制度変更を受けてJALへの移行を考えている方のために、選ぶべきカードはどれか、などなど詳しく比較説明いたします。

 

どのカードにいくら年会費がかかるのか?付帯するサービスは年会費に比べてお得なのか?など、一目で分かるコンテンツもございます。どのカードが一番良いかは、よく行くスーパーや普段乗っている鉄道会社などによって一人一人違いますから、じっくり比較して検討することが大切です。

 

どのグレード、どの提携会社を選べば、あなたの暮らしにぴったり合ったカードになるのか、マイルを貯めるのにもっといい方法はないか、いっしょに考えていきましょう。

JALカードとANAカード、どっちがお得?

さて、JALカードがANAよりマイルを貯めやすいというのは、本当でしょうか。

 

何年か前までは、マイルを貯めるならANAというのが、マイル利用者の常識でした。当時のANAには、Edyのような電子マネーを使ってマイルを貯めるという裏技があったのです。ところが、そうやってどんどん貯める人が続出したため、ANAはマイレージポイントシステムの見直しを行ったのです。

 

また、ANAの貯まりやすさの看板だった、三井住友ANAのリボ払い利用で2倍のポイントがもらえるシステムもなくなったため、以前のように貯めることはできなくなりました。そこで人気が出てきたのが、以前からボーナスポイントの大きさが評判だったJALなのです。

 

JALならば、国際線を幅広く持っていますから、貯めたマイルで行く旅行の行き先も豊富です。パックツアーの商品もいろいろあり、家族分のマイルを一つにまとめるサービスも便利です。

 

現在、マイレージバンクに加入していれば、そのまま引き継ぐことができます。